読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまの多趣味部屋

広く浅く、趣味のことを綴ります。

ギター紹介その2

みなさんこんばんは。

まだまだ暑い日が続きますね。

 

さてさて、私の愛機自慢第2弾です。

f:id:Yamahobby:20160820232109j:image

Martin D-28です。

これは2013年の6月に新品で買いました。

当時まだ多少円高だったのと、ボーナス月のセールで安かった1本です。

 

これを買う前はエレキのみ弾いていましたが、丁度この頃辺りから福山芳樹さんにハマりだして、アコギ欲しい熱が出ていました。

福山芳樹さんについてはまた後日話すとして…

福山さんはMartin D-35をお持ちで、僕も同じモデルにしよう!と思っていましたが、ちょっと知り合いに誘われて楽器屋さんに行った時に弾いたこのD-28の音に感動しました。

低音が出るとは聞いていましたが、それだけではなく、1弦2弦の抜けも物凄く良くて、こんなにいい音するんだなぁと感じました。

おまけに、とても弾きやすい!

今まで友達からほんの数分借りて弾いたアコギは全てとても弾き辛くて、私の中で勝手に「アコギは弾くのに物凄い握力がいる楽器」と決めつけていましたが、このギターは、エレキから入った私には殆ど違和感なくて驚きました。

 

そして、気付いたらATMからお金をおろし、 2013年6月のボーナスは初日にこのギターに化けました。

 

買った後に気付いたことですが、とても残念なことにG音がデッド気味でした。きっと、「Martinを試奏した!」という事に夢中になりすぎて、わからなくなっていたことでしょう。

それは弾き込みに弾き込んで何とかなって欲しいところです。